SW工法

SW工法

SW工法(スーパーウォール工法)は、木造軸組工法をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造。

冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

温度差の少ない、広がりある空間を実現します。

建物全体をすっぽり包む、発砲ポリウレタン断熱材。

SW工法で使う断熱材・発砲ポリウレタンは、一般的なグラスウールに比べて熱を伝えにくい優れた素材です。

この断熱材で建物全体を包み込むことで、魔法瓶のような保湿性に優れた室内をつくります。

機密性能の高いSW工法は、部屋の上下温度差が少ない。

隙間の多い住宅ほど室内空気の流出入が大きくなります。

冬場の室内で足元が冷たいのは、図のように流入した冷気が足元へ降りてきて、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。

SW工法で実現する、快適な高気密・高断熱住宅。

SW工法住宅の優れた保湿性は、下の比較画像からの明らか。
高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

● 壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較:実在住宅即定例 (赤系ほど温度が高く、青系ほど低い)
  • SW工法 壁面温度熱画像

    SW工法

    天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。(冬期暖房時)※ 暖房方式によって異なる場合があります。

  • 一般住宅 壁面温度熱画像

    一般住宅

    天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。(冬期暖房時)

地震大国ニッポンにふさわしい、「モノコック×5倍パネル」の高耐震構造。

ジャンボジェット機にも用いられる変形しにくい一体化構造
モノコック構造

SW工法住宅は、壁面にSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。

台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

● 強度の比較
  • 一般住宅

    柱や筋かいに大きな力が集中して、建物がねじれやすくなる。

  • SW工法住宅

    壁面が一体となり、力が分散されるので地震にも強い。

心身ともにリラックスできる静穏な室内に。

SW工法の優れた機密性能が、気になる騒音を抑えます。

騒音は、主に建物の隙間などを出入りしています。

SW工法住宅は、気密断熱パッキンによるSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性能を発揮。

さらには、SW工法で採用する断熱サッシが、高気密性かつ複層ガラス仕様によって遮音性能を一層高めます。

※ SW工法では、建物の機密性能を確保するための気密測定を実施し、性能報告書とともにお客様にお知らせいたします。

空気の室にもこだわりご家族の健康をしっかり守ります。

高気密住宅では、空気がよどみやすくシックハウスが深刻な問題に。

換気経路イメージ

大きな社会問題になっている「シックハウス症候群」の対策として、2003年7月以降、建築基準法において、建築物に使用する建材の規制や換気設備設置が義務付けられています。SW工法住宅では、建築基準法改正以前から独自の厳しい基準を設け、低ホルムアルデヒド建材の使用や24時間計画換気をいち早く導入しています。

※ 「シックハウス症候群」はSick Building Syndromeの翻訳語で、Sickとは病気の意味。

1.ホルムアルデヒド対策

ホルムアルデヒドは刺激性のある気体で、木質建材などに使用されており、室内濃度を厚生労働省の指針値0.08ppm以下に抑制するためには以下の対策が必要です。

  • 対策Ⅰ 内装仕上げの制限
    内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを放散する建材の面積制限。

    F☆☆☆の場合、床面積の2倍まで
    F☆☆☆☆の場合、制限なし

  • 対策Ⅱ 換気設備設置の義務付け
    原則として全ての建築物に機械換気設備の設置を義務付け。

    換気回数0.5回/h以上の24時間換気システムを設置

    ※換気回数0.5回/hとは、1時間当たりに部屋の空気の半分が入れ替わること。

  • 対策Ⅲ 天井裏などの制限
    天井裏などから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐための措置。

    「F☆☆☆以上の建材」「気密層、通気止め」「天井裏などを換気」のいずれかを措置。

2.クロルピリホス対策

居室を有する建築物には、しろあり駆除剤のクロルピリホスの使用を禁止しています。

高気密にこだわるSW工法住宅なら、より質の高い計画換気を実現できます。

SW工法住宅では、C値=1.0という高い機密性能にこだわり、隙間を少なくすることで外気とともに出入りするホコリや花粉を大幅カット。また、計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れるので空気のよどみを少なくします。

  • スーパーウォール工法住宅では高い機密性能により計画的な換気が行え、空気のよどみをなくし、カビやダニの発生を抑えます。

  • 気密性が低い住宅では、窓や壁の隙間から外気が侵入し、空気の流れにムラができ、住まい全体の空気を隅々まで入れ替えることは難しい。

「CO2ダイエット」で、住まいから地球温暖化防止に貢献できます。

住宅分野でのエネルギー消費に伴う二酸化炭素(CO2)の排出を削減。

次世代省エネルギー基準とは、地球温暖化防止策の一環として、住宅におけるエネルギー消費に伴うCO2排出削減を目的に設定された、現在の省エネ最高水準となる基準です(1993年3月公表)。省エネ効率向上を目指して、断熱性能、機密性能、通風・換気、暖房などについて基準値が設定されています。

● 基準改正の主な目的

「次世代エネルギー基準」対応住宅なら、ひとにも優しい快適な室内環境を実現。

従来の新省エネルギー基準に比べて、気密性・断熱性がさらに向上した「次世代省エネルギー基準」。この基準に対応する住宅は、地球にやさしい省エネ住宅であるとともに、保湿性の大幅アップによって室内の上下・水平温度差を解消する、ひとにも優しい健康配慮住宅であると言えます。