みのつブログ

2020-01-24

平屋の家がイイネ!

ファッションにも流行があるように

家にも流行があります。

ファッションに比べるとかなり緩やかなスパンではありますが

ファッションが1~2年周期だとすると

家は5年~ぐらいでしょうか?

あくまで私の個人的な感覚ですが...。

ファッションと違ってみんなが取り入れている!

という訳ではありません。

ただインテリアに関してはどちらかと言えばファッション寄り。

明確な流行があるように感じます。

例えば、私自身が家を建てた5年前は

「ステップフロア」「スキップフロア」が住宅雑誌を賑わせていました。

リビングとキッチンで段差を付けたり、

中二階、もしくはフリースペースとして使用する。

どちらもカッコいいですよね!

私も取り入れたかったのですが、予算面で断念しました...。

今でもちょっと憧れています。

2020012401.JPG

次に流行り出したのが「土間」。

時代の流れが、"外国の物がカッコいい!"という流れから

"日本の良さを再認識する"流れに変化していった時代から

生まれたのでしょうか。

昔の農家の家に見られたような、

広めの土間を取り入れた家が多く見られるようになりました。

おばあちゃんの家にあったような、

ちょっと懐かしくて、それでいてフレキシブルに使用できる

便利なスペースです。

2020012402.JPG

 

この辺りから、和風の家を好まれる若い方が増え、

いま住宅業界を席巻しているのは、ずばり!「平屋の家」です。

住宅雑誌や関連本のコーナーでも、平屋限定の本が出版されるなど

「あ~平屋の家が流行ってるんやなぁ」とひしひしと実感。

ただこれは流行と言うよりも、"平屋の良さが見直されている"という感覚かもしれませんね。

あと、今から家を建てる若い方は、

実家がすでに現代風の2階建ての家という方も増えてきています。

実家の2階が物置状態で誰も使っていないので

自分の家は有効に活用できるように平屋がいい!という声も聞かれます。

シンプルに言えば、めんどくさくない...というのが本音のようですけどね!

都市部だとなかなか土地の面積を確保するのが

難しく取り入れにくいかもしれませんが、

比較的安価に広い土地を手に入れやすい香川県内では

平屋の着工件数も着々と増えているようです。

もちろん三野津建設でも!

という訳で、2/1(土)・2/2(日)は三豊市山本町で

平屋の家の完成見学会です!(笑)

平屋の家というと、どうしても昔っぽい?和室がいっぱい?みたいな

イメージが出てきがちですが、

いま三野津建設で多く建てさせていただいている平屋の家は

子育て世代のご家族が生活しやすいように

間取りや家事動線を工夫して設計しています。

まだ予約の空きもございますので、ぜひ一度ご見学しにいらして下さいね。

詳しくはイベント情報のページをご覧ください。

大好きなインテリアや家づくりの話で

ついつい長くなってしまいました!

お付き合いいただきありがとうございました♪

2020012403.jpg