みのつブログ

2021-07-29

脱炭素社会にむけて~私たちができることってあるの? あるんです!

前回に引き続き、聞いたことあるけど

あまりよくわかっていない言葉。今回は「脱炭素社会」!

工務店のブログでこんなこと関係あるの~?

と思われるかもしれませんが、ものすごーく関係があります。

そもそも「脱炭素社会」が大きく取り上げられだしたのは、昨年菅総理大臣が

「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。脱炭素社会の実現を目指す」

と、所信表明演説で宣言してからではないでしょうか。

「ゼロを目指す」とありますが、現在日本の温室効果ガスの排出量は年間12億トン!

2050年なんてまだまだ先やなーと思いがちですが、

かなり大変だということだけはわかりますね。

このまま地球温暖化の主な原因となる二酸化炭素の排出量を減らさなければ、

私たちが異常気象と思っている状態が、当たり前の状態になってしまうかもしれません。

毎年のように洪水や河川が氾濫するほどの大雨が降ったり、

朝から熱中症警戒アラートが出たり...。

でも二酸化炭素の排出って主に工場とかでしょ?と思っていませんでしたか?

実は私はそう思っていました。大企業の皆さん頑張って!と。

ですが、2019年度の日本の二酸化炭素排出量の14.4%が家庭から出る二酸化炭素。

意外と多いんです!

2021072901.jpg

じゃあ家庭からの二酸化炭素排出量を減らすにはどうすればいいのでしょうか?

2021072902.jpg

家庭から排出される二酸化炭素の多くは電力・ガス・ガソリンの消費から来ています。

電気の使用量や自動車の利用を減らせば、二酸化炭素の排出を大きく減らすことができるのです。

そのためには

*電車や自転車を利用して自動車の利用を減らす。

*省エネ家電・省エネ機器を導入する

*コンセントをまめに抜き、待機電力を減らす

*エアコンの設定温度を調節する。

など、やはり身近なところから「省エネ」を行っていくことが効果的です。

ではこれから家を建てる方へ、そしてリフォームを考えている方へ。

脱炭素社会に、地球環境に、もっともっと貢献できる家づくりとは?

それはまた次回の「みのつブログ」で!